スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なっち、自虐的なタイトルの新曲「夢ならば」リリース

「素敵だな」と名曲の歌詞を盗みまくった
安倍ぬすみこと、ぬっちこと、なっちの新曲が出ました。
今日「うたばん」で歌ってるのを見たんですが、
ワザとしか思えない。

>夢ならば
>悲しい夢ならば
>今ならまだやり直せそう
>忘れられる…


ですよ?

夢ならば (通常盤)
夢ならば

夢じゃありませんよ

夢ならば (通常盤)
悲しい夢ならば

悲しいのはパクられた方ですよ

夢ならば (通常盤)
今ならまだやり直せそう

手遅れだと思いますが

夢ならば (通常盤)
忘れられる…

あなたはともかく、世間は「安倍なつみ」を忘れない限り
忘れないと思います。

ついでに発見したこと。
やっぱり、なっちはストレスで太るらしい。
「ハッピーサマーウェディング」の悪夢再び状態でした。
スポンサーサイト

池田優子の即席漬けな高級感を嗤う

いつからだったか、ゲストの半生を振り返る
「波瀾万丈」みたいな形式のコーナーが出来た「金スマ」。
これがまたえらく数字を取るらしく、今や金スマといえば
「波瀾万丈」みたいな雰囲気すら漂ってきました。
で、今日のゲストは美容整形で財を成した池田優子。
この人の言動をじっくり見聞きしたのは今回が初めてだったんですが、

池田優子

やな女なんだ、コイツが

金持ちだから僻んでるんだろうと言われても構いません。
番組中で紹介していたこの人の略歴を見る限り、
バリバリのお嬢様育ちだと思うんですが、

えらい下品なんだ、全てが

同じく「金スマ」に出たことのある
たかの友梨や西川史子なんかもそうなんですが、
この手の人種って「成金」には見えても
「品」がまるで無いんですよね。

この池田優子、叶姉妹のように過去にヴェールをかけることなく、
全てを詳らかにしているにも関わらず、何故かもの凄い下品。
「装飾品が泣いてるぞレベル」で言えば
ハイヒール・モモコとかに近いぐらい下品。

「見てくれにこだわり過ぎると私のような性格ブスになるわよ」

ということを知らしめるために
人柱として活動しているというなら大した広告塔ですが、
万に一つもないと思う。
この番組見て「先生に手術していただいたいワ」と思った方は、

「どんなにいじっても、上限は所詮池田優子」

ということを肝に命じておきましょう。
ま、あんなバレバレの整形テクニックの見本を見せられて
「ここに頼もう」と思う人なんていないとは思いますけど。

【2006年10月追記】

娘が誘拐されたのをきっかけに、
華やかな経歴の大半は嘘っぱちだの、
実は全然金持ちではなく、借金踏み倒しまくりだの、
あっちゃこっちゃから剥がれるわ剥がれるわ安メッキ。
やっぱり私の見る目は正しかった(笑)
池田優子って、既に充分お金持ちなはずなのに
「お金持ちになりたい貧民」にしか見えんかったもん。

復活した大食いに漂う奇妙な健全さ

死者が出てから一気に絶滅した大食い番組が、
ついにテレビ東京で復活しました。
でも、何か変なんです。
大食いって、満腹中枢の壊れた人間が限界まで
喰いまくり健康を害する様を見て楽しむ番組だと思ってたのに、
何故かえらい健康的なんですよ。

番組冒頭で掲げた三か条というのが・・・

★大食いは健康であれ
★早食い厳禁
★食べ物に感謝を


何コレ?
選手の健康には気を配ってますから真似しないで下さい。
早食いは体に良くないので絶対に止めて下さい。
食べ物に感謝を忘れぬよう
「いただきます」「ごちそうさま」を義務づけています。
だって。
何ソレ?

死者が出た後の復活ということで
クレーム対策として知恵を絞ったんでしょうが、
予選から決勝まで、
全ての競技が制限時間ありの中での早食いという時点で
早食いは避けられないし、味わう暇なんて無いだろうし、
当然、健康だって害するに決まってるわけで。
自分で掲げたルールすら守れないならルールなんて作るなよ。

【2006年10月追記】

この後一気にレギュラーで復活したりすんのかなと
思ってたんですが、しませんね。
ま、全然面白く無かったんで当たり前なんですけど。

「いえ、楽しくはありません」平川地一丁目 龍之介

十六度目の夏
十六度目の夏
平川地一丁目


2005年4月8日放送「ビートたけしの誰でもピカソ」より。
渡辺満里奈に「東京での生活が楽しくなってきたか」と聞かれた
平川地の兄、龍之介が間髪入れずこう返答した。


「都会の絵の具に染まらないで帰って・・・」
と思わず太田裕美になって祈ってしまう
純朴な兄弟の平川地一丁目。
メジャーデビューしてもう1年半が経とうかというのに、
トトロが舞いでも舞ったかというほどに身長が伸びた以外は
あまり都会の絵の具に染まっていないようで一安心。

今日の「誰ピカ」でもその「染まらない度」は
存分に発揮されてたんですが、中でも特に印象的なのがこの言葉。
二人は、今でも仕事の度に上京し、仕事を終えると
また佐渡へ帰っていくというスタイルを続けてるんですと。
デビューして間もない頃は東京に馴染めず
「出て来てすぐに帰りたくなった」(龍之介)んだそうですが、
最近は徐々に東京にも慣れてきて、
2週間ほど東京に居続けたこともあるらしい。
で、その話を聞いた渡辺満里奈が

「東京での生活も楽しくなってきたんじゃないですか?」

と、例の「このこのぉ」調の視線で聞いたところ、
龍之介は表情も変えずに

「いえ、楽しくはありません」

と返したというわけです。
そのあまりの即答ぶりからは、
「そんなことは断じて無い」という
平川地の音楽にも似た、確固たるスタンスが見て取れて
なんかカッコ良かったです。

弟の直次郎はというと、下手にルックスが良過ぎて
都会の蛾に粉かけられまくりそうなのでちょっと心配。
ここは兄として、何としても阻止してやって下さい。

【2006年10月発売】

うーん、純粋過ぎるというか、「遊び」が少な過ぎて
ダメなんですかねぇ。
活動は続けてるものの、パッとしない状況が続いてます。
でも、汚染から身を守るという意味では今ぐらいが丁度いいのかも。

50万円のお衣装を着飾る大場久美子

ゴールデン・ベスト
ゴールデン・ベスト
大場久美子


久々に「ダウンタウンDX」を見たら、
ゲストがスタジオ入りした時の服の総額を値踏みして
ランキングにするコーナーをやってました。
ここぞとばかりに高いアクセサリーをつけてくる人ほど
さほど売れてない女優だったり、
芸能人の見栄っ張り体質が浮き彫りにされる
面白いコーナーなんですが・・・

今日は叶姉妹が出演していたので、
この時点で1位と2位は確定だなと思ったら案の定。
後も大体予想通り。
ただ、10位に大場久美子がランクイン。
総額で57万円ぐらいの衣装を身にまとってました。

私は、大場久美子と言えば「コメットさん」より
「自己破産した女」という印象が強くなってしまったので、
「そんな高くないですよぉ~」と謙遜しながら
笑ってる大場久美子を見て、

「ほほぅ、50万円でっか。ええ生活してまんなぁ」

と、自分が貸したわけでもないのに、自己破産されて
回収出来なかった闇金業者のような気持ちになってしまいました。
岸部シローのように自己破産をネタにして食いつなぐのも
どうかと思いますけど、
何もなかったように振る舞われるのも何だか不愉快。
テレビに出るなとは言わないけど、
過度の装飾品は控えるぐらいの気持ちがあってもいいんじゃないの?

これ、森昌子もいい迷惑なんじゃあ・・・

アッコは御意見番


●アッコ“参戦”に大慌て!?森進一が弁明FAX(zakzak)

>和田アキ子(54)が3日放送のTBS「アッコにおまかせ!」で、
>一連のバッシング報道を批判。
>「知人が人の家庭のことを言っちゃダメ。失礼よ」と一刀両断し、
>「今度は私が(昌子の)知人として出ましょうか」とタンカを切った。

だって、あはははははははははははは。

アホか。

知人がアレコレ言っちゃいかんなら、
アカの他人に対して和田が暴言を撒き散らす
「アッコにおまかせ」なんて失礼の総本山じゃん。

それとも何?私以外は言っちゃいかんとか、
もうそういう意識レベルにまで達してるのかな。

【2006年10月】

この頃は確かに優勢であったはずの森進一も
結局復帰した昌子とホリプロに圧倒されるように
芸能界の隅っこに追いやられて大変そう。
昌子は昌子で性格のキツさがどんどん露見してるし、
どっちにとっても得のない離婚でしたね。

西川かの子、辻調の先生と結婚

西川かの子 結婚


この絵面、どう見ても「火サス」か「土ワイ」ですね。
かの子の目線の泳ぎ方が真犯人臭いし。

式場は、かの子とヘレンが母子揃って出演している
岸和田グランドホール。
ま、そりゃそうでしょうね。
CMで「私の時もここがええわ」って言っといて
玉姫殿でやったら岸和田の立つ瀬ないし。

今回の挙式であのCMも変わるのかな。
かの子&ヘレンが続投するのか、別の母子になるのかも
ちょこっとだけ気になる・・・
もし続投なら、

かの子「私はここであげました」
ヘレン「次は孫やね。はよぉ抱かせてね」
かの子「もう、せっかちなんやから!」
二人「あはははは」
ナレーション「岸和田グランドホール」

はい出来た。

西川家と聞いて思い出すのが、
以前、ヘレンがどこかの番組で紹介したエピソードです。

「私がいつも通りに朝ご飯作ってて、
 かの子とかみんな居てて、
 出来たよ~言うて皆で食べてたんですよ。
 そしたらいきなり主人が目に涙いっぱい浮かべて
 『家族ってええな~』って泣き出したんです」

・・・・・。

スタジオのゲスト達は、「いや?ん、理想やわ」とか
適当な相槌をうってたんですが、正直私は薄気味悪かったです。
私なら、朝飯時に父親が突然こんなことを言い出したら
即ご馳走様して家を出ます。

ちなみに、かの子をもらった勇気ある旦那の林先生は
辻調勤務の51歳。西川きよしは58歳。
林に「お父さん」と呼ばれるきよっさんか・・・

【2006年10月追記】

つい最近、「待望のお子さんが!」と報道されたばかり。
二人で料理番組まで始めちゃって
着々と関西ローカルエリアを侵蝕しております。
かつみさゆりの出番はもうじきなくなるな。

プロフィール

ドクデンちゃん

Author:ドクデンちゃん

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。